プチパンのてきとう多趣味(仮)

日々の適当な趣味ブログです。乗っているクルマからサブカルチャー、雑貨まで。適当にこだわっているものから自分が面白いと思った物まで適当に紹介していきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけまして

DD唯ちゃんぺろぺろ

スポンサーサイト

趣味的なオイルライター



そろそろ更新しなければと……いうことで趣味的に持っているライターの紹介を







オーストリア、イムコ(IMCO)のライター
ライターの規格、基礎となった製品で、100円ライターもこのイムコライターが元になっているそうです

1918年から2012年まで何も変わらずに作り続けられていました

ピストルの構造に似ていて、弾丸を装填するようにオイルタンクやフリントを入れるのですが、これがメカメカしくていい!






アメリカ、ロンソン(RONSON)のライター
ワンアクション式でレバーを押すだけで蓋が開いて着火、離せば蓋が閉じて消火するという構造。
しかしその構造のせいかレバーが重い……

現在は日本の企業が生産している物だそう


それでは、広告消しの為の更新でした

風情のあるフィギュアビブリア古書堂の事件手帖 栞子さん表紙画胸像集

小説『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ表紙のイラストをヴィネットで再現した海洋堂のフィギュアをご紹介。

カプセルトイシリーズのカプセルQフロイライン最新作で6月20日発売、もう店頭に並んでいます。

ちなみに書店で表紙を見たことがあるくらいで読んだことがありません、フィギュアが良ければそれでいいのです!




全四種類、全て胸像のヴィネットで統一されています


第一巻表紙の横顔
イラストの積み重ねられた本と鮮やかな青色のアサガオ、そこから伝わる季節感をそのまま再現


第二巻表紙の横顔
同じく積み重ねられた本を巧みに使った胸像で頬に指をあてがう仕草を再現


第三巻表紙の横顔
肩から胸にかけて垂れかかる黒髪が綺麗に再現されています


夏の横顔
フェア用に描かれたイラストらしく髪を結い、浴衣を着た夏の姿を再現
こちらも季節感が伝わってきます

どれも本を抱え目を閉じている姿、静寂の中で本を読む気品のある女性の雰囲気が伝わってきます。

表紙が全て横顔のイラストなのですがフィギュアではどの角度からも破綻する事なく綺麗な造形になっていて手に取って見るのが楽しいフィギュアになっていました









写真撮影の技術も無くiPhoneでの撮影なのでレビューではなく紹介という感じで記事を書いてみました。

それでは

PINKTANKさんの1/12スケール 下駄箱

2月10日のワンダーフェスティバルで発見した『PINKTANK』さんの1/12スケールの下駄箱の紹介です


学校や会社などで見かける下駄箱を1/12スケールで再現したなんともマニアックなものです



キットになっているので組み立てます
こだわる方は塗装するのかな



よく見かける下駄箱、名札を入れる所も再現されています




扉は全て開閉式で中の仕切りも再現されています

同じサイズのフィギュア撮影などに重宝すること間違いなし

まるちしんくさんの1/12スケール M92F

2月10日のワンダーフェスティバルで発見した『まるちしんく』さんの1/12スケールM92Fの紹介です

タフな刑事から魔法少女までが劇中で使用するこの拳銃を1/12スケールで制作してくれるとは!



1/12スケールという小ささですが少し飛び出たバレルや大きく上部がカットされたスライドなどちゃんとM92Fと分かるのが凄いです

バリを削いで完成です。実物同様にセイフティの赤の部分を塗色するとアクセントになるかも


フィグマの暁美ほむらに持ってもらいました。ほむほむ

劇中では16発全てを魔法で一瞬のうちに撃ち尽くし足元に落とすシーンのみなのですが、スケールフィギュアではこの銃を構えている姿が立体化されていますね。


「まどか伏せて!」






1/12スケールの銃器となるとライフルやマシンガンなど大型の物が多く、このサイズの拳銃を制作している方は見かけたことがなかったので嬉しかったです

このまま1/12スケールにハマりそうな勢い……
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。